長野「NPO法人まいぺーす」さん


先日訪問した、長野 小布施にある「NPO法人まいぺーす」さんについて

http://npo-mypace.com/


◼代表理事 堀川さんとの出会い


2014年に観たドキュメンタリー映画 「1/4の奇跡」がきっかけでした。


【ドキュメンタリー映画「1/4の奇跡」】


子どもたちとの交流を語ってもらいながら、また考古学、医師や科学者のお話も交えて、病気や障害にも意味があること。すべてのことやものは必要があって存在していること、みんなが違っていていい、そして一人一人が大切で、かけがえのない”いのち”であり、それを生かす大きな力の存在を、描き出していく。


私達の”いのち”の鍵をそっと開いてくれる感動のドキュメンタリー。


以上

1/4の奇跡HPより引用

http://www.yonbunnoichi.net/


福祉に関わったことがこれまで一度もなく、福祉のことはよくわからない私ですが、自主上映会に参加しこの映画を観た時に、コントロールできない涙と感動があふれだしてきて、すぐにこの映画について、いろいろインターネットで調べてみました。


その時に、この映画の原作について書かれていた堀川さんのブログに辿り着き、障がい者支援施設を運営されていて、その就労支援の一環で革製品を製作・販売されていることを知りました。それもとても障がい者支援施設で作られたとは思えないほど、素敵な革製品ばかりで、商品のデザインやクオリティもさることながら、ロゴやパッケージから写真の撮り方までオシャレでセンスの良さを感じました。


https://www.iichi.com/people/M0674873





◼革製品で長野と石巻のコラボ


その頃のAZbonheurは、ちょうどNPO法人石巻復興支援ネットワーク様とも連携させていただき、石巻のお母さんたちの「家しごと」への取り組みに一緒に参加させていただいており、石巻と長野を、被災地と障がい者支援施設をつなげた作品づくりができたら、なんて素敵なことなんだろうと、さっそく長野の堀川さんのもとへ訪ねていきました。


福祉の道を進まれて数十年の堀川さんは、福祉のことなんて右も左もわからない、レザーもまだまだ立ち上げたばかりの私と快く面会してくださり、革製品をつうじて、関わる全てのひとがHappyになれる事業を目指しているんです!そして、それはオシャレで可愛くて素敵じゃなきゃダメなんです!と、ただただ熱意を語るしかない私の話をやさしい目で聞いてくださいました。


そして、石巻と長野のコラボ作品づくりがスタートしました。


アイテムはアイフォンケース。

長野で革のカットから目打ちまでを担当し、石巻へ送り、石巻でパール取り付けと縫製を行うという流れでの製作でした。今はアイフォンケースプロジェクトは終了していますが、また新しい企画を一緒に取り組んでいけれたらと考えています。




◼カフェ「銀河堂」


NPO法人まいぺーす様はその他にもいろんなアイテムを製作されていて、運営されている同じ敷地内にある「銀河堂」というカフェでも販売されています。場所は栗と葛飾北斎で有名な観光地の小布施。駅から徒歩数分のところにあるカフェ「銀河堂」、お茶も食事もできるとても居心地の良いカフェです。


ひときわ目を引くのは、壁に飾ってある「書」。これらはすべて障がいを持った入所者の方がたが書かれたものです。心で書かれた作品は無条件に心に響くのではと痛感した作品ばかりです。この書のTシャツも作られている堀川さんのバイタリティが好きです。




ぜひ、長野小布施に足を運ばれた際には、カフェ銀河堂にぜひお立寄りください。


堀川さんをはじめ施設のスタッフの皆さまのあたたかい気持ちと入所者さん達のピュアで優しい空気を肌で感じていただけると思います。


コメント